司法書士法人杉山事務所における着手金と借入状況

債務整理を杉山事務所に依頼した際の着手金

司法書士法人杉山事務所での債務整理

司法書士の事務所に任意整理を頼むとなると、たいてい着手金が発生します。その費用は、成功してもしなくてもかかります。もちろんその費用は、事務所によって様々異なっているのですが。

ところでその整理の手続きを行っている事務所の1つに、司法書士法人杉山事務所があります。その事務所でも、やはり着手金は発生する事になりますね。
その事務所による費用の場合は、2つのパターンがあります。例えばまだ返済が続いている時ですね。金融会社に対する借入残高が、まだ残っているようなパターンです。そのような会社に対する支払いは、この事務所では21,000円になります。
その数字は、比較的リーズナブルな方だと思いますね。他の事務所では、3万円台になっている事もあるからです。
それともう1つパターンがあって、人によってはすでに現時点では借金を全て返している事もあるでしょう。いわゆる完済をしているパターンですね。そのような時には、1社につき5,000円前後の費用が発生する事になります。
ですので例えば1つの金融会社での支払いはまだ続いていて、2つの会社では完済しているとしましょう。そのような時にこの事務所で発生する料金は、合計3万円という事になります。結局借り入れの状況によって、初期費用が異なってくる訳ですね。

着手になった時の金額はゼロ円

金融会社から借りている方によっては、会社に払い過ぎている事もあります。一時期の金融会社は手数料が高めで、それが法的に問題があると発覚しているケースがしばしば見られます。いわゆる過払いですね。
そのような時には、人々は法律家を通じて払い過ぎ分を取り戻しているケースが多いです。自力でそれを行う事も可能ですが、やはり士業の方に依頼をすると、督促などがストップするメリットが大きいですね。
ところでその手続きを行うとなると、お金がかかるケースがしばしばあるのです。その1つが着手金ですね。そして司法書士法人杉山事務所では、その着手金に関する特色があります。
まずこの事務所の場合は、色々な費用はかかる事にはなります。取り戻したお金に対して、20%分の報酬が発生する事にはなるのです。
ところがこの事務所の場合は、上記の着手金はゼロ円になります。そのメリットは大きいと考えられますね。
他の事務所の場合は、それが有料になるケースが多々あるのです。2万円ほどかかる事務所なども珍しくありません。借りている会社が多ければ、それだけ多くの着手金が発生するケースもあります。
それがゼロ円になっているのが、司法書士法人杉山事務所のメリットの1つと言えるでしょう。